Visual Basic で WaveOut コントロールを使用する

WaveOut コントロールを使用する手順は次のとおりです。

Visual Basic 2010 の場合

  1. Visual Basic プロジェクトを新規作成します。
  2. ツールボックス上で右クリックし、[アイテムの選択...] をクリックします。
  3. [ツールボックス アイテムの選択] ダイアログの [COM コンポーネント] タブを クリックします。
  4. [WAVE 出力デバイス コントロール] にチェックを入れ、[OK] をクリックします。
  5. ツールボックスに WaveOut コントロールのアイコンが追加されます。
  6. フォームに WaveOut コントロールを配置します。
  7. プロパティを設定し、コードを記述します。

Visual Basic 5.0、6.0 の場合

  1. [プロジェクト] - [コンポーネント...] メニューをクリックし、[コンポーネント] ダイアログを表示します。
  2. [WAVE オーディオ デバイス インターフェイス コントロール] にチェック マークを付けて [OK] をクリックします。
  3. WaveIn コントロール、および WaveOut コントロールのアイコンがツール ボックスに追加されます。
  4. フォームに WaveOut コントロールを配置します。
  5. プロパティを設定し、コードを記述します。

Visual Basic 4.0 の場合

  1. [ツール] - [カスタム コントロール] メニューをクリックし、[カスタム コントロール] ダイアログを表示します。
  2. [WAVE オーディオ デバイス インターフェイス コントロール] にチェック マークを付けて [OK] をクリックします。
  3. WaveIn コントロール、および WaveOut コントロールのアイコンがツール ボックスに追加されます。
  4. フォームに WaveOut コントロールを配置します。
  5. プロパティを設定し、コードを記述します。

リターン WaveOut コントロールのページへもどる


Copyright © 1998-2022, Kentaro HARA. All rights reserved.
コンテンツの複製・転載・二次使用には、著作権者の許諾が必要です。